• HOME
  • 魔法のイメトレ

魔法のイメトレ

 

 

1.五感を意識しながらイメージする。 

イメージとはすべて過去の記憶から醸成されるものです。
そのため経験のないことを鮮明にイメージするのは難しいこと。
ですが過去の経験をつなぎ合わせ、
その時感じた空気、光景、音、臭い、感触など
細かな五感を組み合わせてリアルにイメージすることで、
脳が類似の経験をしたと錯覚し、本番の動揺は軽減されるでしょう。

 

 

2.主観と客観のイメージをもつ 

イメージトレーニングでは、
主観的にイメージすることが重要だとされています。
これは、イメージが鮮明になりやすくなるため。
しかし、本番直前などの極度の緊張状態の時はその限りではありません。
あえて、第三者を見るように、客観的に自分の状態を捉えることで、
落ち着きをとりどすことができるでしょう。

 

 

3.大事なところはスローモーションと巻き戻し

 肝心なポイントは、スローモーションで再生したり、
巻き戻したりと動画を見るように繰り返し確認しましょう。
脳内で成功イメージを反復するだけで、一定の反復練習の効果を得られます。

 

 

4.継続する 

身体を使わないイメージトレーニングですが、
本気で行うとかなりの集中力を要するものです。
そのため、あまり長時間のイメージトレーニングは効果がでにくくなってしまいます。
長時間のトレーニングを集中的に行うよりも、
たとえば
1日数分程度のトレーニングを毎日行うと良いでしょう。
繰り返し記憶を喚起することで、よりスムーズに、より瞬時に、
鮮明なイメージを浮かべることができるようになります。

 

 

5.スイッチを作っておく

このスイッチを押すと、瞬時にイメトレの集中の世界に入っていける!
という、自分なりのスイッチやキッカケを作っておいてください。