• HOME
  • 確実に読んでもらえるメールの件名の4つの共通点と作り方

 

 

日経BP社のビジネスメールリサーチによれば、

平均的なビジネスマンは、

毎日10〜30通のビジネスメールを受信している、

さらに、1〜10通の迷惑メールを受け取っている、と言われています。

 

 

 

つまり、

 

あなたが送る大切なメールを読んで貰うためには、

30〜40通ほどのメールの中で、

特に「目立つ件名/開封される件名」をつける必要がある、という事なのです。

 

 

言い換えると、

メールの件名の付け方次第で、

ビジネスチャンスをものにできるか、

みすみす逃してしまうか が決まるという事なのです。

 

 

そこで!

今日は

読んでもらえるメールの件名の作り方

をご紹介します(^ ^)

 

 

 

読まれるメールの件名の共通点

 

「目立つ件名/開封される件名」は、

以下の4つによって構成されている。

 

  • 読者に価値(役立つこと)が伝わる
  • 具体性が伝わる
  • 緊急性が伝わる
  • 魅力的である(目立つ)

 

 

このテクニックは、

ダイレクトメールやメールマガジンを運営している人にとって

必要不可欠なものだと確信します。

 

そしてこれは、セールスレターにも応用可能な

文章全般に渡って普遍的なテクニックでもあるのです。

 

 

それでは、一つ一つ見ていきましょう。

 

 

 

 

1.役に立つことを伝える

 

いくつかの答えが考えられますが、

最も確実かつ安定して高い結果を出すメールの件名とは、

「役に立つことが伝わる」件名 です。

 

例えば、あなたは紳士用スーツメーカーのスーツ株式会社に勤めているとします。

そして、新着のスーツを紹介するために

顧客リストに対してメールを送ろうとしているものの、

メールの件名を、あまり考えずに、

 

「スーツ株式会社からのお知らせ」

 

とした。

 

実際に、このような件名のメールを目にする機会は驚くほど多いんです!

 

しかし、これでは、

ほとんどメールが開封すらされないことがわかるでしょう。

 

これを、「役に立つことが伝わる件名」にするにはこうすれば良いのです。

 

「涼しく快適な夏用スーツのお知らせ」

 

いかがでしょうか?

 

例えば、夏の暑さにうんざりしている営業マンが、この件名を見ると、

「少しでも暑さを抑えられるかもしれない(=自分にとって役立つ)」

と期待を持って開いてくれるかもしれない。

 

このように、メールの件名には、

必ず「役に立つこと」が伝わる文言を加えましょう。

 

 

 

 

2.具体的に伝える

 

さて、メールの件名に「役立つこと」が伝わる文言を入れられたわけですが、

まだ、何だか足りないような気がする・・・。

 

そんな時は、

次のように 具体性を加える と件名がグッと引き立つ。

 

例えば、次のように、

 

「涼しく快適なイタリア製夏用スーツのお知らせ」

 

いかがでしょうか?

さっきのものよりも、具体的なイメージを持つことができると思います。

 

このようにメールの件名に具体性を入れるには、

以下のような文言を加えると良いのです。

 

  • 商品の産地:イタリア製/フランス製/イギリス製  etc…
  • 材料の質:天然の綿100%/サラサラの絹/特別な麻 etc…
  • 作った人やブランド:有名デザイナー監修/アルマーニ etc…
  • 有名人の推薦:ジローラモがお薦め!/女性ウケNo.1! etc…

 

このように、メールの件名に具体性を追加する方法はいくらでもあります。

 

そして、一つ注意して頂きたいのは、

具体性を入れる時は、

ターゲット選定を間違えると効果が半減する( ̄  ̄)

ということ。

 

例えば、20代前半の見込み客リストにメールを送るとしたら、

次の件名の方が、確実に反応が高くなる。

 

「女子ウケNo1!涼しく快適な夏用スーツのお知らせ」( ̄∀ ̄)

 

さて、

「役に立つこと」と「具体性」を入れただけで、

かなり読まれる件名っぽくなって来ました。

 

そして、次に伝える緊急性を追加すると、

さらに飛躍的に開封率が高まります。

 

 

 

 

3.緊急性を伝える

 

多くの人は、ちょっと気になる情報があったとしても、

「今は忙しいから後で見よう」と考えます。

そして、その「後で」の時は、二度とやって来ないのですが・・・

 

これを防ぐためには、件名で、

「今すぐにメールを確認するべき理由」を追加すると良いのです。

 

そのために必要な要素が緊急性

この緊急性を追加すると、メールの開封率は驚くほど上がります。

 

例えば、次のような文言を入れてみよう。

 

「10着限定!涼しく快適なイタリア製夏用スーツのお知らせ」

 

いかがでしょうか?

 

うかうかしていると、

10着しかないスーツがなくなってしまうので、

このスーツに興味がある人は、今すぐに開封せずにはいられないでしょう。

 

このように緊急性を伝えるための方法としては、

以下のようなものが効果的です。

 

  • 期間を限定する:3日間限定!/本日限り etc…
  • 個数を限定する:先着5名様/毎月50本限り! etc…
  • 価格を限定する:50%OFF!/20000円引き etc…

 

さて、

メールの件名に緊急性を加える際は一つだけ注意点があります。

それは、「緊急性」と「役に立つこと」は同時に伝えるということ。

 

 

なぜなら、

「役立つこと」を加えることで、行動することのメリットが生まれ、

「緊急性」を加えることで、行動しないことのデメリットが生まれるからなんです。

 

そして、「役立つこと」と「緊急性」を一緒に伝えることで、

買うメリットと買わないデメリットが同時に伝わり、

今すぐに行動せずにはいられなくなる=開封される=読まれる。

 

例えば、

「最高級スーツが3万円引きで手に入る!」という文言を見ると、

人は「お得だな」と感じる。

 

その時に、同時に「本日限り!」という文言があると、

「今すぐ行かないと3万円損してしまう!」と感じることがお分かり頂けるでしょう。

 

 

実際藤野も、セールのラストの日に、

メールの件名に緊急性の文言を入れて送信しただけで、

それまで一日1本程度だった売上が、一気に5本になった

という経験をしたことがあります。

 

このように、緊急性には人を行動に駆り立てる大きな力があるのです。

 

 

 

 

 

そしてそして

4.目立つ

 

これまでの3つの要素を使って、メールの件名を書くだけで開封率は驚くほど上がります。

それができるようになれば、「読まれるメールの件名の完成型」と言ってもいいでしょう。

 

しかし、最後にもう一つだけ

超重要なテクニックがあるのです!

 

毎日、メールボックスに数多く届くメールの中で、

あなたのメールだけを、目立たせるテクニック。

 

それが、Unique(件名を装飾して、見た目を目立たせること)なのです。

 

 

例えば、以下のように装飾を付けると、より目立つことが分かるでしょう。

 

 

ノーマルの状態

10着限定!涼しく快適なイタリア製夏用スーツ

 

カギ括弧を使う

『10着限定!』涼しく快適なイタリア製夏用スーツ

 

星記号を使う

★10着限定!★涼しく快適なイタリア製夏用スーツ

 

 

このように、件名に、他の人が使わないような目立つ記号を入れると、

メールがズラと並んでいるメールボックスの中で、

あなたのメールが、ひときわ目立つようになります。

 

この一工夫をするだけで、

あなたのメールの件名をしっかりと読んでくれる人が増えるのです!

 

そうやって、メールの件名を読んでくれる人が増えると、

結果的に開封率が上がります。

 

 

「出る杭は打たれる」と言いますが、

メールの件名に限っては目立てば目立つほど良いのです!

 

 

 

 

 

今日ご紹介した4つは、

ダイレクトメールはもちろん、ビジネスメールでも十分に使えるテクニックだと思います。

 

これから、あなたがメールを書く時は、ぜひ!

 

  • 読者に価値(役立つこと)が伝わる
  • 具体性が伝わる
  • 緊急性が伝わる
  • 魅力的である(目立つ)

 

の4つに果敢にトライしてみて頂きたいのです\(^o^)/