解釈と判断はあなた!「アメブロの利用規約をガッツリ読んでみた」

WordPress

アメブロの利用規約をガッツリ読んでみた。

※解釈と判断は、あなた!

20142月頃にアメブロが利用規約を厳しくしたという話は、

あちこちで耳にしていたが、本当のところはどうなん?

という訳で、お盆休みを利用してアメーバヘルプの「利用規約」を読んでみた。

Facebookでも「・・・消された!!!」
みたいな投稿をちらほら見かけてはいたんですが、

実際に藤野の友人・知人の間でも
結構な数のブログが消滅したという事実があります。

 

ので、改めて、アメブロの利用規約を見てみました。

http://helps.ameba.jp/rules/post_104.html

読み込んだ上で、藤野の個人的な解釈を掲載させて頂きます。
あくまでも個人の解釈なので、あなたご自身でも読んで解釈してください。

実画面のキャプションをつけて、少しずつお見せします^ ^

もう一度書いておきます。

※解釈と判断は、あなた!です。

 

アメブロの利用規約 第13条(禁止事項)

【禁止事項はやってはいけませんよ】という項目

1

 

【発見したら、消しちゃうよ~】という事_φ( ̄ー ̄ )

2

違反行為を見つけたら、内容を全て消す、一部消す、退会させる、
その他、裁判的なことも視野に入れて対応するの、
いずれかのペナルティがあるよーと、言っています。

【何かあったら、キッチリお金を頂きますよ( ̄ー ̄ )】
という怖い話。

3

<<ここからが「禁止事項」です>> ←ご注目!

4

このへんは納得!

エッチな内容や、怖い話を書いちゃだめよ、と言っています。

【権利も大切に守りましょう】という当たり前な話。

5

「人の悪口を言わない」とか、著作権やプライバシーに関わる問題です。

 

【大人なんだから法律は守ろうよ】という話。

6

このあたりは「ごもっとも」という感じ^ ^

で、気になったのは次の二つ。

 

⑤ 直接会うことを目的とした内容の送信等、又は他の会員に対し、そのような行為をするよう誘う行為

⑥ 他の会員に対し、個人情報(フルネーム、電話番号、メールアドレス、住所、本人の顔写真等)を聞き出す行為又は健全な目的以外で個人情報を掲載・発信する行為

これって、簡単に言えば「ぜひご来店ください」とか
「セミナーにお越しくださいね」
NGということになりますよね(ー ー;)

大人的な目で見ると、
出会い系サイトとか未成年の安全を守るための条文ですが、
規約の書き方が「いやらしい目的で会うこと」だけにとどまっていない。

ということは「直接会う」ということ自体、
アメブロとしては禁止しているのではないでしょうか。。。

要するに!
「営業」を禁止しているということになります。

 

あとは、わかりやすい部分。

⑦ 相手に恐怖心を生じさせる目的で危害を加えることを
通告する脅迫行為やストーカー行為

⑧ 公職選挙法に抵触する行為

⑨ その他、法令もしくは公序良俗に違反するもの、
  又はその恐れのある行為、表現・内容の送信等

  

くどいようですが【商売は禁止】です。

さあ!藤野も調子が出てきました。

どんどん見てみます!

このへんからが面白いんです^ ^

7

合法・違法に関わらず、人を介する商売を禁止しています。

「アム○ェイは、合法だから!」
「マルチレベルビジネスを、マルチまがいビジネスと混同しては困る」
「他の会社はダメだけど、マルチレベルマーケティングは
特定商取引法33条で、合法と言われてる」

とか、そんなことは関係ない!!


「及び、これらに類する情報の送信」っていう一文があるので、

ほとんど全ての商売の「勧誘」や「告知」を
禁止している条項になります^ ^

 

時々Facebookとかでも、

「芸能人はがんがん宣伝してるよねぇー」という投稿を見かけますが、

「当社の承諾のある商業行為」は、ぜんぜんOKなのです。

実は藤野はもっと気になる投稿をFacebookで見た事があります。

「アメブロの有料会員になっても、営業活動したら消される。」というものですが、

有料会員でも、アメブロは商用利用は禁止しているのです!!!

 

つまり、

アメブロが認めているんだから、OK
アメブロがいいと言えば、いい。
 というスタンス。

お金を払っているかどうかは、アメブロの商用利用には関係ありません。

 

さあ!いよいよ本丸!【商売禁止】

8

この一項が、【完全にほとんどの商用サービスを駆逐している】
と言ってもいいでしょう。

広告や宣伝は、本当は完全にNGなんです。

「アメブロで情報発信すると、お客様が増えちゃうかもしれない」

という発想がある場合は、悲しいかなそれは商用利用なので・・・
ゴメンなちゃい。なのですwww

淡い期待すら、抱いてはいけないのですwww

 

【ボランティア活動でも、勧誘は禁止】

9

アメブロは「商用利用禁止」というイメージだと思いますが、
そんなレベルではないのです。

ボランティアだろうが、無料だろうが、

その先に、

お客様になる可能性がある活動はすべて禁止なんです。

無料セミナーや低額の体験講座とかでお客様を集めて、

その後の本命商品のご案内チラシを渡すのも、規約違反なのですよ_φ( ̄ー ̄ )

 

メニューバーや定型文・署名は禁止

10

ヘッダーメニューや、署名・定型文を使って、
ホームページに誘導する行為は禁止、となっています。

さらに、他の投稿記事に対してリンクを貼るのも禁止。

だったら、
アメブロの編集画面からリンク機能を外した方がいいんじゃね?

と思う次第でございます_φ( ̄ー ̄ )

アメブロは素敵なサービスです。

無料だし、簡単だし、人気もあるし、有名人いっぱいいるし、

でも、商売に使っちゃダメよ!という事なんです^ ^

トラフィック(交通量)の多い場所でお店を開く事はビジネスに貢献するのは事実です。

 SEO的にも有益なんでしょう。

ただし!

ただし、いつ何時、消されてもいいというリスクを負うなら・・・

最後にもう一度書いておきます。

解釈と判断は、あなた!です。

   ↓ ↓ ↓

 アメブロオーナーさんをお助けしたい!企画

この際アメブロは卒業したい!
という方はこちらをご覧ください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

8大特典付きでホームページをお作りします。
http://mtta.jp/wordpress150000/

人気ブログランキングに参加しています♪

ポチッと、応援宜しくお願いします!
↓ ↓ ↓今何位かな?


ワークスタイル ブログランキングへ

 

関連記事一覧