1. HOME
  2. ブログ
  3. 「なぜ◯◯◯しなくてはいけないのか?」

「なぜ◯◯◯しなくてはいけないのか?」

 

武道家の話しついでに、

今日は、

「なぜ◯◯◯しなくてはいけないのか?」

というお話しをしたいと思います。

 

 

 

 

武道、少なくとも、剣道の修行の世界には、

「なぜ◯◯◯しなくてはいけないのか?」

がサッパリ分からないまま( ̄  ̄)
稽古を重ねることが多いのです。

 

 

 

未熟者は、分からないことだらけで
「なぜ◯◯◯しなくてはいけないのか?」なんて、
考える暇もないうちに、
繰り返し繰り返し、稽古に励むのです。

 

 

 

 

例えば、

 

なぜ、いつも右足が前で、左足が後ろじゃなければいけないのか?
普通に歩いたり、走ったりした方が早そうじゃん!
なんで「すり足」なんか窮屈なことしなくちゃいけないの?

とかは、考えないんです。

 

 

 

 

 

 

例えば、

なぜ、振っても当たりそうもない、
こんな遠〜くから始めなきゃいけないの?

とかも、考えないのです。

 

 

 

 

 

もっと基本的なこと言えば、

夏でも冬でも同じ格好って・・・
夏、暑すぎだろ!これっ!

もっと、メッシュの剣道着とか、
クールビズとかないの!?

っていうか、
頭の先から手の先まで全部覆っているくせに、
なんで靴だけ履かないんだよ?
だから、足の皮、ベロベロ剥けちゃうんだろ!?

とかも、いちいち、疑問に思わないんですよ。

 

※藤野は実は、小学生の頃、
ず〜〜〜っと、
こういうことを色々考えていたのですが・・・

口には出しませんでした。。。( ̄ー ̄ )

 

 

 

で、挙げ句の果てには、
稽古終わってからも、

 

「袴はこういうふうに畳みなさ〜い」とか言われて、
もう意味不明なまま、
とにかく、見よう見まねで
できるようになったことを覚えています。

 

 

通称:出世だたみ
折り目に沿ってたたむので、シワも少なく、
履きたいときに直ぐに紐が解けて、直ぐに履ける。
直ぐに出陣できる→出世できる。のだそうだ。

 

もう、何千回、畳んだことか・・・

 

 

 

 

 

で、この

「なぜ◯◯◯しなくてはいけないのか?」は、

稽古の中で!その訳や意味や効果を見出すものなのです。

 

理屈では、教えてくれないのですよ。

武道の世界では。

誰も何も教えてくれない。

 

 

 

 

観て、盗んで(真似をしてみて)、打たれて、覚える(会得する)のです。

もう一度言います。

観て、盗んで(真似をしてみて)、打たれて、覚える(会得する)のです。

 

 

屁理屈から身に付けるものなど、
一つも、ただの一つもないのです。

 

 

藤野も、3歳の頃から
剣道場という場所に生きてきましたが、

「先生〜、どうして○◯◯しなくてはいけないのですか?」なんて、

そんな事聞いているヤツを、
ただの1人も、ただの一度も、
見たことも、聞いたこともありません。

 

 

 

 

 

だから、

私たち大人のあり方も、
何かを身に付けたいと思ったら、

理屈ばかり振りかざしていないで、
効率ばかり追い求めてないで、

まず、素直に、無心に、ひたすらやってみる。
とにかく最初は分からないまま数をこなしてみる。

その数稽古の中で体得する

みたいな心算(こころづもり)が、
必要なのではなかろうか?

 

 

 

みんな、

失敗を恐れすぎてるような気がする。

失敗を恥ずかしがりすぎるように見える。

 

 

何事も、

観て、盗んで(真似をしてみて)、打たれて、覚える(会得する)のです。

 

 

時間かかっても、
格好悪くても、
効率悪くても、

いいじゃん。

 

 

 

読んで暗記したようなものは、
直ぐに忘れてしまうし、
イザ!という時には役に立たないものです。

 

でも、

観て、盗んで、打たれて、会得したものって、
生涯二度と忘れるものではないし、
ここ一番で、自分を守って活かしてくれるのです。

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています♪
下のバナーをクリックすると
藤野のランキングが上がって、
より沢山の方に私の声が伝わります。

応援宜しくお願いします!
↓ ↓ ↓今何位かな?

ワークスタイル ブログランキングへ

 

 

関連記事