【著者アズ直子が 悩み苦しんだ執筆依頼とは!?】

夢を叶える仕事術

著者・執筆家・講演家として皆様に愛されて
4冊累計50,000部以上の著書を世に出して
その本がもとで全国から講演依頼を頂いている彼女
『アスペルガーですが、妻で母で社長です。』の著者
アズ直子の筆が止まったんです!!

 

 

渋谷区広尾に共同オフィスを構え、
ビジネスパートナーとして、
時にはマネージャーとして、かれこれ5年間
日々、一緒にお仕事をさせて頂いている藤野ですが・・・

 

 

「ものを書く」という仕事で、今回ほど
アズ直子が、もがき苦しんでいる姿を
見たことはありませんでした。

 

 

 

12961447_991215824307792_8454203500601403894_o

本の執筆に取り組んでいる時の彼女はもちろん、

毎日のブログの更新や、
ソーシャルメディアへの情報発信、

「心のケアのスペシャリスト」を育成する
セミナー事業の講義資料を執筆している彼女や

全国各地の様々な団体様からご依頼を頂く
講演会の資料を執筆している彼女は、

持ち前の「過集中」をうまく活かして
凡人には想像もつかない程のスピードと完成度で、

緻密に大胆に、
面白く、そして分かりやすく、

「文章」というものを生み出して行きます。

 

 
それはまるで、
アズ直子という著者の命の火を燃やすように、
「私はここでこうして生きています!」と神様と話をしているように、
いや、まるで神様が乗り移ったように、
「文章」を紡ぎ出していきます。

 

 
そんな時の彼女はいつも、
ちょっと猫背で、椅子の上にあぐらをかいて、
手元に「柿の種」をボリボリ食べながら、( ̄▽ ̄)

周囲には誰もいないかのように、
その空間だけ、別の宇宙にあるように、

彼女独自の超高速ブラインドタッチで、
MacBookのキーボードを叩くのです。
a31b3782

 

 

 

調子のいい時のアズ直子は、
「そんなに強く叩いたらキーボード破壊するんじゃね?」
というほどの強圧で、カチャカチャと高音を発しながら
彼女の頭の中をスクリーンに吐き出して行きます。

 

 

※あまりの高圧なタッチなものだから、彼女のパソコンは半年も使っていると
キーボードの文字は消え、すり減ってくるほど( ̄▽ ̄)

 

 

すぐ隣で仕事している藤野は、
その超高速・超高圧・超高音キーボードが始まると、
うるさ過ぎて全く集中できずに
いそいそと、近所のCafeに避難するのですが・・・

 

 

 

その日は、
そのキーボードの音が
ピタッ〜〜〜〜〜と、止まってしまったのです!!

 

 

 

「ど、どうしたの?!」
「お腹でも痛い?寝不足?」

 

 

「これ・・・私書けない!」
※見たこともないような困惑ぶりで、完全に挙動不審状態。

「だって、●●●(読み手)の立場にたって書いてって言うんだもん!」
「私、●●●じゃないから、どう書いていいか、わからない!」
 
「私は、私が経験して、感じて、思って来たことを、
私の立場で、わかりやすく伝える事はできるけど・・・」
 
「●●●が、何を読んだら面白く思うのか、なんて分からない!」

 

 

 

「・・・」
「そ、そうだよねー」
「だって、アスペルガーだもんね」

 

 

 

 

そうなんです!
彼女は、
人気作家である前に、
大忙しの講演家である前に、
人気セミナー講師である前に、
 
妻で母で社長である前に、
アスペルガーなんです。

 

 

 

この、
「●●●(読み手)の立場にたって書いてください」という
依頼をくださったのは、
全国の学校の先生に向けた情報誌を発行している出版社さん。

 

 

学校の先生、しかも、保健室の先生が見る本

 

発達障害に関する情報だけでなく、
医・食・住環境・教育的な全ての分野から、
保健室の先生に向けて発信される刊行物。

 

 

保健の先生だけでなく、
学校の先生はもちろん、広く一般のご家庭でも
読まれたらいいな〜と思う、素晴らしい内容が掲載されています。

 

 

執筆家・講演家として発達障害に関する実情を、
当事者の立場から広く啓蒙して少しでも多くのかたに
「ご理解」を頂きたいと活動しているアズ直子にとって、
この上ない「執筆」のお仕事なんです。

 
でも!
少なからず発達障害に関する知識をお持ちであろう
そういう情報誌を発行している担当者さんから、

当たり前のように!
当事者が一番苦手とするご依頼が来るわけです。

 

 

 

ビジネスというステージでは、
「障害」は言い訳にはなりません。

アズ直子自身も、常々そう公言して
自他の意識向上に努めています^ ^
ただ藤野は、思ったのです。

 

 

 

 

発達障害に関する分野でお仕事をされている方さえ!
結構な専門知識を扱うお立場にある担当者ですら!

そういう活動をしてはいるけど、
そういう仕事を掲げてはいるけれども、

一当事者の具体的困惑については、
何もわかっていないんだなーーーーーーー!!

・・・と。

 

 

当事者に、どう接していけばいいのか?
ま〜〜〜〜〜〜っっったく
分かっていないんだな!!!!!!! 

・・・と。

 

 

かなり憤慨したと同時に、

藤野淳も、もっともっともっと
啓蒙活動に力を入れないと!と痛感しました。

スクリーンショット 2016-05-12 11.41.24

だからこそ、このDVDを
医療・福祉の現場で活躍されている方、
教師や講師などの教育関係業務に就く方、
カウンセラーやコンサルタントなど相談業務に就く方にも、

ぜひ!ご覧いただきたいと思います。

↓ ↓ ↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【発達障害者のための防災キャンペーン】
http://asnaoko.com/dvd/

DVD1枚につき、
約1,000円が発達障害者のための防災支援に使われます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アズ直子発達障害講演会 DVD&書籍発売!
”夢は普通になることです。”
スクリーンショット 2016-05-12 11.45.41

スクリーンショット 2016-05-12 11.45.57

日本テレビ系列『ザ・世界仰天ニュース』で紹介され大反響!
かたづけられない・お金も時間も間に合わない・空気が読めない!
全国の教育機関や福祉施設で展開。

発達障害当事者、家族、学校や病院、地域のサポータなど、
約1万人に伝えた講演会が、ついにDVDになりました。

2009年に発達障害と診断を受け、「アスペルガー症候群」「ADHD(注意欠陥多動性障害)」
と向き合いながら、家庭人、そしてビジネス人として才能発揮できた
その秘密を惜しみなくお伝えします。

ハンディの有無に関わらず、生きづらさを感じる人や、支える人にも役立つ内容満載です。

家でも学校や会社でもかたづけられない、
時間を守れず遅刻やドタキャンばかり、
お金の管理が苦手で経済的にも困っている、
そして空気が読めず、人づきあいが苦手。
保育園や幼稚園、学校やなどの集団生活になじめない。
会社でも同じように苦しんでいる。
「私はだらしがないなまけもの」と人にも責められ、
自分も自己否定感を強めてしまう。

そんなふうになってしまう理由が、
育てられ方や環境、本人の性格などではなく、
脳の発達の偏りによる「発達障害」という可能性があるのです。

だらしがないのでも、性格が悪いのでもない。
どうしてそうなってしまうのか、可能性を探り、対策を学ぶことで、
いままでの生きづらさがグッと楽になります。

実は特に発達障害のない人にも、
生活習慣の改善やコミュニケーション方法の見直しは大変よい変化をもたらします。
教師や講師などの教育関係業務に就く方、
カウンセラーやコンサルタントなど相談業務に就く方にも、
ぜひご覧いただきたいと思います。

~ 講演会内容 ~
・発達障害とは?
・周りの人が理解できない当事者感覚
・きちんとできない理由
・情緒を安定させる方法
・生活習慣を整えるコツ
・嫌われる理由と対策
・周囲の方へのお願い
・サポートする人が傷つかない方法
・発達障害者が働くということ

~ こんな方に見て欲しい ~
・お子さんが「発達障害」と診断を受けている方
・診断は受けていないけれど生きづらさを感じている方
・お子さんに友達ができないことで悩んでいる方
・お子さんの忘れ物や遅刻などが治らず困っている方
・お子さんのどうしてかわからない行動に悩んている方
・自分自身が生きづらさを感じている方
・勉強はできるけれども人づきあいや生活習慣に悩みのある方
・独立や転職を含め、将来の仕事について考えている方
・その地域での支援者の方
・教育関係者
・医療関係者
・カウンセラーやコンサルタントなど相談業務に従事する方
・教員や講師など教育事業に従事する方

(販売価格)

DVD&書籍 5,100円(税別)
DVDのみ 3,800円(税別)

(お支払い方法)

クレジット(PayPal)
代引き
※

商品代金の他に、送料(500円)、
代引きの場合は代引き手数料(300円)がかかります。

※ 書籍のみの販売はいたしません。

ーーーーーーーーーー
(詳細とお申し込み)
http://asnaoko.com/dvd/
ーーーーーーーーーー

☆このDVD&書籍の販売利益は、全て発達障害者のための防災支援に使います。

講演会で3回お伺いをしている熊本への寄付金、行政など関係部署への専門書の献本など、
発達障害者のためにに間違いなく使っていただけるところ、役立てていただけるところへ
皆さまの支援が届きます。
メールマガジンにて、決済と活動報告を随時ご報告させていただきます。

(講師プロフィール)
アズ直子 (木下直子)
1971年生まれ
有限会社アズ代表取締役
一般社団法人マスターセラピストトレーニング協会代表理事
東京学芸大学卒
様々な仕事を経験後、1998年にネットショップで起業し、有限会社アズを創業。
現在は渋谷区広尾のオフィスを拠点とし教育事業を主に活動をする。
2009年に「ADHD(注意欠陥多動性障害)の傾向の強いアスペルガー症候群」と診断を受け、
これまでの生きづらさ原因が判明。

その後、様々な工夫や対処を行い人生が好転したことから、大人の発達障害の当事者として出版。
現在、自らの会社経営の他、全国の小中学 校、教員研修、障害者関係施設などで講演を行い、
新聞等にも取りあげられる。
経営経験を活かし、ハンディがある人にも実践できる仕事の実践方法を伝える事も
主要な活動となっている。

(メディア出演)

日テレ ザ・世界仰天ニュース NHK 教育テレビ

(著書)

「アスペルガーですが、妻で母で社長です。」
「アスペルガーですが、ご理解とご協力をお願いいたします」
「あなたにも起きる。フェイスブックで本当にあった奇跡の物語」
「生きづらかった私だからこそ分かるアスペルガーの子の本当の気持」

ーーーーーーーーーー
(詳細とお申し込み)
http://asnaoko.com/dvd/
ーーーーーーーーーー

関連記事一覧