2018
05.31

八百屋の言葉を覚えよう! 【モテモテ「符丁」徹底訓練講座】

藤野 淳 物語

八百屋の言葉を覚えよう!

【モテモテ「符丁」徹底訓練講座】

 

「符丁」とは、市場の人間の公用語です。

基本的に全国共通語ですが、
一部地方によっては、
その呼び方に若干違いが生まれます。
言わば、訛りのようなものですね。

 

 

で、今日は、
東京築地市場で今日も使われている
「江戸弁」をご紹介しちゃいます。

 

 

 

あなたの生活をより便利にする「符丁」、

頑張って覚えて、積極的に活用しましょう〜!

 

 

1〜9

1 チョン(ピン)

2 ブリ

3 ゲタ

4 ダリ

5 ゴットリ

6 ロッポー

7 セイナン

8 バンド

9 ガケ(キワ)

1〜9までをしっかり覚えてしまえると
二桁に入っても覚えやすいです。

ときどきイレギュラーな言葉も入ってきますが、
基本的な構造はこれと同じ。

 

 

さあ、どんどん行きますよ!

10〜19

10 チョン

11 ドウグ

12 チョンブリ

13 サンモン

14 シモン

15 チョンガレン(チョンガネ)

16 ソクロン

17 チョンシチ

18 ソクバン

19 ソッキュウ

 

そう、

1と10は同じチョンなんですね!
1はピンともいいます。

1か10かは感覚で判断するのです。
この感覚でやっている部分を違えると、
八百屋さんはひどい目にあいます。。。

11でなぜドウグなのか?
これは11が道具を並べたように見えるからだ!
と藤野は覚えました。

・・・なぜドウグなのかは分かりません。

15のチョンガレンにも注目です!
10の位なのでチョンですね。
そして5は一桁ではゴットリですが二桁に入るとガレン(ガネ)
とも呼ばれるようになります。なぜか・・・

 

 

 

20〜29

20 ニマル

21 ノイチ

22 ナラビ

23 ノサン

24 ノシ

25 ヤッコ

26 ニロク

27 ニシチ

28 ブリバン

29 ブリキュウ

20〜29は知らない人でもわかりそうですね.
頭に「ノ」だったり「ニ」だったり
「ブリ」(一桁のときの2)が付くので覚えやすいです。

22は2が2つ並んでいるからナラビ。
結構安直な理由なのかもしれません。

25がなぜかヤッコ。
2がヤッで5がコって感覚です。なぜだ...

 

 

次!

30〜39

30 サンマル

31 サンピン

32 サンブリ

33 サンゾロ

34 サンダリ

35 ゲタメ

36 サブロク

37 サンシチ

38 サンパチ

39 ザンク

30〜39もサから始まるものが多く覚えやすくわかりやすいですね.

33はサンゾロ。3がゾロ目なのでサンゾロですね。

35のゲタメ。3が一桁では「ゲタ」だったのに対し、
5が今度は「メ」に変化します。

5の倍数は特殊なものが多いのです!!

 

 

40〜49

40 ヨツヤ

41 ダリピン

42 ダブ

43 ダリサン

44 ダリダリ

45 ダリハン

46 ダリロク

47 ダリシチ

48 ダリッパ

49 ダリキュウ

40〜49も一桁での4の言い方
「ダリ」を覚えているとスラスラとでてきます。

間違えやすいのは40、
ヨツヤを48と勘違いしないよう注意です。

42はダリブリなのでリを抜かしてダブ。
でも44はダリダリのまま。不思議。。。

45が5の倍数なので特殊ですね。
ダリに加えて40の段の半分なので「ハン」。
5は10の半分って意味で「ハン」にも変化します。

48はダリッパ。
これ覚えたときすごい言いたくなるやつです。

 

 

 

50〜105

50以上は特殊例のみの紹介です。

50 ゴットリ

55 メナラ

60 ロッポー

65 ロンメ

70 セイナン

75 ナツラ

80 バンド

85 バンガレン

90 ガケ

95 ガケハン

100 チョン

105 トビハン

 

50より上になると
ゼロが何個付こうと一桁台と同じ呼び方になります。

間違えちゃわないか不安ですが、
そこは相場を考えての判断。

だから相場を知らない奴は、競売に出れないんです。

A「このレモン、ネタいくら?」
B「チョンだよ」
A「10円は安すぎるし1,000円は高過ぎる。だから100円だな」

実際こういう判断をしています。

35が「ゲタメ」でしたよね、5は「メに」変化します。
なので55は「メ」が並んでいるので「メナラ」。

75はなぜか55の「メナラ」に引っ張られて「ナツラ」です。

105は「トビハン」。
1と5の間を飛ぶって意味ですね。
だから106なら「トビロク」となります。

 

 

 

 

 

【なぜ符丁が使われるのか】

・聞き間違い防止

卸売市場でなぜ符丁(隠語)が使われるのか?
それは「聞き取りやすさ」にあるのだと思います。

荷物を運ぶ音、機械音、人の声など
市場って基本的に超うるさいんですよね!

1(イチ)と言ったつもりが
2(ニ)と聞こえてしまうこともあります。
これがチョンとブリだったら間違えが減りますよね。

 

 

 

・符丁を知らない人には伝わらない

隠語なので文字通り隠したいときに使えます。
お店で接客をしている際に使うことが多いですね。

例えばお客さんがみかんを箱で買いたいと店員Aさんに相談する。
店員Aさんはみかんの原価を知らないので店員Bさんに聞きたい。

そんな状況のときに・・・

A「みかん箱の仕入れ値はいくら?」

B「2200円だよ。2900円で売っといて!」

A「お客さん、箱で2900円ですね!」

お客さん「え、原価よりそんなに高く売るの?もっと安くしてよ〜」

ってなっちゃいます。

当たり前ですね!

商売ですのでお客さんには原価は知られたくない。
そんなときに隠語を使います。

隠語で変換すると・・・

A「みかん箱のネタ(原価の意味)はいくら?」

B「ナラビだよ。ブリキュウで売っといて!」

A「お客さん、箱で2900円ですね!」

お客さん「あら安い。2ケースちょうだい!」

こんな感じ。

売り手と買い手、
どちらも気持ちよくやり取りをするために符丁が使われます。

 

 

 

〜応用実践編〜

<こんなときにも使えます>

お酒の席で女の子や後輩にお金は出させたくない。
でも一人では払えないから
男たち、先輩たちで割り勘したい。

こんな場面で小声でコソコソやっていと非常に格好悪いんです。

スマートに、
クールにキメたいときにも、
隠語非常に有効です。

A「全部でいくら?」

B「チョンブリ(1万2千円)だね」
 
C「3人だからダリ(4千円)か」

スマート、
非常にスマートです!!

堂々とした態度、
短いやり取りに女の子はメロメロ、
後輩は憧れの眼差しを向けることでしょう。

 

きっと...

 

 

ーーーーー
今日の学び

この「符丁」のように、
もしかしたら、
あなたが普段使っている言葉も、
何も知らないお客様からすると、
完璧に「外国語」のようにしか
伝わっていないのかもしれません。

業界用語、流行りの短縮言葉に
ご用心、ご用心。

ーーーーー

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています♪
下のバナーをクリックすると
藤野のランキングが上がって、
より沢山の方に私の声が伝わります。

応援宜しくお願いします!
↓ ↓ ↓今何位かな?

ワークスタイル ブログランキングへ