藤野淳 らっきょうを剥く

 

「若! 泥らっきょう、剥いてきてくれる?」

「らっきょう・・・ですか!?」

「い、いいっすよ。。。」

「どのくらい剥いて来ればいいですか?」

「・・・50Kgくらい」

「!!!50Kg???・・・わ、わかりました〜!」

「なるべく、いや出来るだけ、水に浸けないでね〜」

「・・・了解っす!」

 

 

 

 

これが苦難の始まりでした。

 

 

 

某大手ホテルチェーンの和食料理長からの
「夏の一品」のオーダーです。

 

 

どこにでも売っている「甘酢らっきょう」ではなくて、

特選の粗塩で漬ける、カリカリ・サクサクの
「塩らっきょう」をお出ししたいんだとか・・・

 

 

 

 

しかも!

市販の普通の「甘酢らっきょう」のように
茎の部分を完全に切り落として丸くしてしまったものではなく、

沖縄の「島らっきょう」のように、
「茎」の部分も残して仕上げたいんだとか。

 

 

 

 

「だから、若のところにしか頼めないんだよ、この仕事は。」

という、殺し文句とともに、
この破天荒なオーダーが来ちゃったのです。

 

 

 

そして、受けちゃったのです(ー ー;)

 

 

 

泥付きらっきょうを買ってきて、
泥を落として剥くという下処理をしてから
らっきょうを漬けた事のある方だったら
(そんなにいないのかな・・・)
分かると思うのですが、

 

 

この下処理作業というは、
基本的に

 

1.水に浸けて泥を落とす。
2.根っこの部分を切り落とす。
3.茎の部分を切り落とす。

という3工程あるのです。

 

 

で、1工程進むごとに、
水に浸けて、ザルですくって、
という作業を繰り返すので、

この3工程ごとに、
らっきょうが水分を吸っていくのが普通なんですが、

 

 

 

和食料理長様からの有難いお達しには、

「なるべく、出来るだけ水に浸けないでね〜」
「島らっきょうのように茎の部分も残してね〜」

の注釈があったもんだから、

 

ゴロゴロっと、プール(水槽)にらっきょうを入れて、
かき混ぜ棒でかき混ぜて泥を落とす事が出来なかったのです!

 

 

つまり、

1個1個、手作業。
しかも、水に漬けるのは1工程だけ。

という条件になるのです。

 

「こりゃ〜〜〜、大変だ!」

 

 

 

 

・・・

 

この有難いオーダーを受け、
会社に戻るまでの間に、
我が社での加工手順をイメージして、

 

そして、

 

あの!「精鋭加工部隊」に伝える瞬間の
彼ら彼女らの混乱ぶりを想像すると、

笑ってしまえるけど、
笑ったら怒られる的な・・・

でも、これが出来たら、
また他のホテルにも
同じ加工を持ちかけられるな!うっしっし・・・的な、

 

 

 

色々な顔をしながら、
家路を急ぐ藤野だったのです(ー ー;)

 

 

 

 

 

今だったら、速攻で、

 

ケルヒャーか、
ゴルフ場のエアガンを買うな(ー ー;)

 

 

 

 

ーーーーー

<今日の振り返り>

個別のニーズに答えれば、
商品やサービスも「完全オリジナル」となる。
そこには「価格競争」はありえない。
 
ーーーーー

 

 

 

 

 

<<前回までのストーリーはこちら>>

人生を変えた「玉ねぎ」の話
http://fujinojun.com/episode/onion/

個性豊かなジイジとバアバに囲まれて
http://fujinojun.com/episode/jiijibaaba/

カット野菜 誕生秘話
http://fujinojun.com/episode/cut/

精鋭部隊誕生
http://fujinojun.com/episode/personality-2/

精鋭部隊の潤滑油 K姉さん
http://fujinojun.com/episode/sister-k/

野菜の神 KJさん
http://fujinojun.com/episode/kj/

煮干しの「なあちゃんタイム」
http://fujinojun.com/episode/a-working-woman/

 

 

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています♪
下のバナーをクリックすると
藤野のランキングが上がって、
より沢山の方に私の声が伝わります。

応援宜しくお願いします!
↓ ↓ ↓今何位かな?

ワークスタイル ブログランキングへ

 

関連記事

  1. 売りたい人と、買いたい人と「値段」の関係

  2. 藤野専務の、営業戦略。

  3. 〜藤野 淳 前夜〜 精鋭部隊の潤滑油 K姉さん

  4. 八百屋の言葉を覚えよう! 【モテモテ「符丁」徹底訓練講座】

  5. 枝豆は、枝が命!

  6. 父の日のサプライズ

  7. うっかり○○○させる方法を考える!

  8. 必殺 仕入人 登場!

   女性のためのビジネス体験講座

 人気blogランキングにエントリー!

    最新情報をお届けします。