玉ねぎの ボジョレーヌーボー

 

今日は調子に乗って、
玉ねぎの突っ込んだ話がしたい。

 

玉ねぎには、旬が年に2回あるんです。

 

玉ねぎには、
旬が年に2回あるんです。

 

 

黄玉ねぎを早採りした所謂
「新玉ねぎ」が出回る春、3月〜5月くらいと、

十分に成長してから収穫され、
少し乾燥されてから市場に出回る9月以降の秋〜冬。

 

今、どこの家庭にも
一年中馴染みが深い「玉ねぎ」ですが、

甘みとみずみずしさを楽しめる春と、
熟成した辛味と甘みを料理に活かせる秋冬と、
年に2度の味わい方ができるというわけです。

 

 

ちなみに、八百屋的には
「新玉ねぎ」のことを、
ワインでいうボージョレーヌーボーに・・・
例えるのは藤野だけであろうか?

 

新玉ねぎ+ポン酢+おかか
の最高コンビネーションは、春の定番です、はい。

 

 

玉ねぎの国内生産量第1位の北海道は、
主に秋〜冬に出荷される「ひねの玉ねぎ」。
専門的に言うと「黄玉ねぎ」が主流。

生産量第2位以下は佐賀県、兵庫県、愛知県となっている。

 

 

でこの「新玉ねぎ」を
国内で一番早く出荷しているのが
藤野の記憶が正しければ<静岡県>で、

中でも浜松の「白玉ねぎ」
【サラダオニオン】として

きっちりブランディングされています。

 

 

浜松以外にも、佐賀県の「さが一番玉ねぎ」、
兵庫県の「淡路島フルーツ玉ねぎ」、
宮崎県の「みやざき新たまねぎ」、
神奈川県の「湘南レッド」などなど、

 

 

いくつかのブランド玉ねぎがあるので
ぜひ、スーパーでみかけましたら、
食べくらべてみてください。

 

 

 

詳しいお話は、
また他の機会に譲ることになりますが、

この「玉ねぎ」に限らず、
野菜のもう一つの楽しみ方には、

「旬」を追いかける味比べ
というものがあります。

 

それは、まるで春先の「桜前線」のように、

日本列島を南から北へ、
西から東へと、

野菜前線が駆け抜けるのです!

 

 

その時その時の、
旬の野菜を食すことも

自然に沿った楽しみです。

 

 

で、ぜひ!今度は、
南から北へ、西から東へ、と駆け抜ける
野菜前線を楽しんでみてください。

 

 

レタス前線
キャベツ前線
アスパラ前線
じゃがいも前線

 

色々な野菜たちの
旬の産地を気にかけて、追いかけて、
スーパーで出来る日本旅行を楽しんで見る。

 

八百屋 藤野の、ご提案です^ ^

 

 

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています♪
下のバナーをクリックすると
藤野のランキングが上がって、
より沢山の方に私の声が伝わります。

応援宜しくお願いします!
↓ ↓ ↓今何位かな?

ワークスタイル ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 武道家として

  2. 売りたい人と、買いたい人と「値段」の関係

  3. 怪談の美学 とやらを聞かされて_φ( ̄ー ̄ )

  4. 〜藤野 淳 前夜〜 精鋭部隊の潤滑油 K姉さん

  5. 〜藤野淳 前夜〜  個性豊かなジイジとバアバに囲まれて

  6. 父の日のサプライズ

  7. 日本が大切にする「間」の感性 

  8. 〜藤野淳 前夜〜 超精鋭部隊 誕生

   女性のためのビジネス体験講座

 人気blogランキングにエントリー!

    最新情報をお届けします。