2018
07.01

連れがウツになりまして

藤野 淳 物語

 

「わたし、やっぱり、ウツだって。」

「テストの点数、結構高かった。」

 

 

「!!!えっ??」

 

 

「ウツの診断テストの点」

「お薬も貰って来た。」

 

 

 

 

 

そう言えば、7年間一緒にやって来て、

今までに無いくらい、不調を口にしていた。

 

 

「寝れない」「起きれない」

「肩がこる」「背中が張る」

「耳が聞こえにくい」

 

そして、今までに無いくらいの、色々な「過敏」

 

「暑い」「寒い」「臭い」「痛い」「かゆい」

「うるさい」

「なに!その言い方!」

「もっと優しく喋ってよ!!!!」(って、オマエもな( ̄  ̄))

 

 

 

もう、まるで、

神経というか痛覚がむき出しにされた人間のように、

何をしても、何を聞いても、何に触れても、

「不調」で「苦痛」で。

 

 

 

 

「寝れない」「起きれない」数ヶ月を過ごして来た故であろうか、

 

彼女の最大の武器である

「考える力」「書く力」「生み出す感性」みたいな

アズ直子独自のクリエイティビティに、

まるでモヤがかかってしまったよう。

 

 

 

身体と心に、わずかに残っていた

「気力」と「責任感」を振り絞って

心療内科を受診して来たんだと思う。

 

 

 

 

 

「わたし、やっぱり、ウツだって。」

「テストの点数、結構高かった。」

 

 

 

私には、それしか言わなかったけど、

いや、それしか言ってこなかったからこそ、

 

隣にいながら、

彼女を、それまでにしてしまった事を

申し訳なく、申し訳なく、申し訳なく、思った。

 

 

 

 

 

彼女の名前は、

アズ直子

 

 

 

『アスペルガーですが、妻で母で社長です。』(大和出版)の著者

 

 

 

 

 

この彼女が、

 

『アスペルガーですが、妻で母で社長 が、ウツになりました。』(藤野出版)

となってしまったのです。

 

 

 

可哀想なことに、

彼女には、今、たくさんのお仕事があります。

たくさんのファンが、お客様が、

彼女のことを必要としてくださっています。

 

 

 

そう、

ありがたいことに、たくさんのお仕事がある故に、

可哀想なことに、

「ウツなんだから、ゆっくりお休みしてていいよ〜」

が言ってあげられないんです。

 

 

 

 

 

世間様でも、今、

ウツが大変なスポットを浴びています。

 

 

それはこのストレス社会。

ウツと診断されるに足る要因は沢山あって、

それ故に、ウツ関連の書籍も

専門コーナーができるほどに出版されています。

 

 

 

「ツレがウツに・・・」とか

「旦那がウツに・・・」とか

「ウツ抜け」みたいに、

 

そして、

「体操でウツ抜け」とか

「お料理でウツ抜け」とか

ご丁寧に、そう言った

対策本みたいなものまで揃っていて・・・

 

 

 

 

で、藤野は考えました。

 

 

 

まあ色々な要因は考えられますが、

ほぼほぼ100%、

私のせいでウツになってしまった彼女ですから、

3年かかろうが、5年かかろうが、

いや10年スパンで覚悟して、

 

 

彼女が健やかな、穏やかな、

平かな毎日を取り戻す日まで、

付き合ってあげないと、と思いました。

 

 

 

ビジネスパートナーとして、

マネージャーとして、

一緒に仕事をしながら、

お仕事を通して元気になっていく!

そんな工夫を模索したいと思います。

 

 

 

 

次回からまず、

彼女がウツを発症してしまった

その理由とか原因とかを

振り返って行きたいと存じます。

 

 

 

藤野が原因となっていることが

沢山見つかりそうです。_φ( ̄ー ̄ )

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています♪
下のバナーをクリックすると
藤野のランキングが上がって、
より沢山の方に私の声が伝わります。

応援宜しくお願いします!
↓ ↓ ↓今何位かな?

ワークスタイル ブログランキングへ