アスペルガーの不安を包む「魔法の毛布」のお話し

アスペルガー

As-Around(アスぺのとなり)

 

今日はいつも見ないテレビをつけながら

私が隣で観察しているのは

もちろん、アスペルガー アズ直子 なんですが・・・

 

 

近年のように、

「ニュース速報」が多く流れる年は顕著に見えてくるのですが、

所謂、発達障害とかASDとか、ADHDとかの傾向がある方は

アズ直子ももちろん、そうなのですが、

 

情報が過多すぎるのに、

自分が処理できる以上の情報を取り込んでしまって、

さらにそれを自分の事の様に苦しんでいる。

 

藤野にはそう見えて、すごく心配、というか痛々しいのです。

 

 

情報の取捨選択が苦手だったり、

自他の境界があいまいだったりして

 

普通、何気なくスルー出来るような情報も、

必要以上に不安な形で取りこんでしまう人が多いのだと思う。

 

 

で、( ̄  ̄)

 

嫌な事からは離れてしまえば平気になると思うのだけれど、

頭の中や心の中にストン!とストレートに情報が入ってしまうので

入ってしまった「不安」をなかなか消化できない。

 

予測できないものへの不安や恐怖も、

私たちが想像する以上に大きいものなはずなので、

 

テレビ番組が突然報道に変更になったり、

あわただしく速報のテロップが流れて

「いつも」のテレビの様子とは違うものになってしまうと、

極端に不安が募ってしまう。

 

手足や身体全体を前後にパタパタゆすったり、

部屋中をいったりきたりしたりを繰り返して、

「不安」からなんとか逃れようとする。

 

 

そういう人には、多分、

私たちが想像する以上にたくさんの「安心材料」

を準備してあげればいいんだと思う。

 

 

彼ら彼女らも自分自身で「安心材料」を得ようとして

 

●繰り返しの行動だったり、

●同じものを規則的に並べるようなものとか

●儀式的な行動とか、

●何度も同じ質問をしてみたり、

●手をひらひらさせてみたり

●跳びはね続けたり、体を揺すり続けたり・・・

 

みたいなことをするのだと思う。

まあ、「おまじない」みたいなものじゃないかと・・・

 

 

 

藤野は、

アズ直子がこういう動き?をしているのを見ると

密かに、

 

「あ、また、チチンプイプイ やってる。( ̄  ̄)」

「何か安心材料あげなきゃな。」

 

くらいに考えています。

 

 

絶対に、この毛布も

アズ直子にとって欠かせない「安心材料」なんです(^ ^)

 

 

あなたの「安心材料」を、広尾で見つけてください!(^ ^)

 

今度こそ、変わりたいアナタ!
今すぐ広尾88アカデミーのビジネス実践会に申込もう!
ビジネス実践会に申込む!